相続放棄の手続きに詳しくなろう~ヒラメク知識をGETしよう~

男性

離婚の慰謝料

男性

どちらに責任があるのかを見極める

離婚の慰謝料の請求をするときには、まず離婚の原因の所在を明確にしなくてはいけません。慰謝料と言うのは、その請求をする人が受けた精神的な苦痛の度合いによって金額が大きく異なります。本来、このような精神的な苦痛に関する度合いと言うのは客観的な指標によって判断することが出来ません。そのため、慰謝料を請求するときにはそれぞれのケースに応じて金額を考慮しなくてはいけないのです。離婚の場合では、どちらに離婚の原因が存在するかによって請求することが可能な慰謝料の金額がかなり異なります。当然ながら、離婚の原因を作ったほうが過失の割合が大きいときには請求する人は多くの慰謝料を請求することが可能です。この点はしっかりと認識しておきましょう。

離婚の原因の証拠はわかりやすい

基本的に、離婚の原因となるような証拠は非常にわかりやすいものばかりです。法律的には、離婚の原因となる証拠には不貞行為があった証拠が必要です。配偶者がいるにも関わらず他の異性と関係を持ったりするなどわかりやすい基準が存在するため、このようなケースでは容易に慰謝料を請求できます。実際に離婚の手続きをするときにはまず離婚調停を行うことになるのです。話し合いの結果でお互いに納得が出来るのならば、その中で結論が出た金額を相手に対して請求します。仮に、この話し合いで納得が出来なかったときには裁判によって慰謝料を請求します。証拠がある場合にはそれが裁判上での証拠になるため、準備するものはきちんと準備して話し合いに臨みましょう。