相続放棄の手続きに詳しくなろう~ヒラメク知識をGETしよう~

男性

スムーズな離婚

スーツ

離婚時の慰謝料発生要件

離婚はお互いに合意すれば簡単ですが、どちらかが納得しないとかなり難しくなります。慰謝料等のお金の問題や子供をどちらが引き取るかは特に厄介な問題です。離婚で慰謝料が認められらるのは、浮気や不倫もしくは暴力や今流行りのモラハラといった原因で不法行為が認められられる場合です。単に嫌になったり性格の不一致で離婚したいような場合は不法行為が存在しないことが通常のため慰謝料は認められません。お互いが婚姻後に築いた財産を半分に分ける財産分与のみとなります。婚姻前の財産は分割の対象にはなりません。また相手の財産がわからなければ最悪取りっぱぐれもあり得ます。なので婚姻中は万が一の事を考えてあまり財産は開示しない方が無難です。

相場と相手への請求時のポイント

さて離婚時の慰謝料の金額ですがこれは過去の裁判例である程度決まっています。なので幾ら精神的苦痛を訴えて高額な慰謝料を請求しても限度があります。浮気や不倫の場合は200万円から300万円程度が目安です。暴力やモラハラの場合はもう少し少ない金額になります。浮気や不倫の場合は、浮気相手や不倫相手にも慰謝料を請求することが可能です。ただし、配偶者と浮気や不倫相手が合同で支払えばよいため、別々に200万円ずつ支払ってもらえるわけではありません。何れの場合も相手が浮気や不倫、暴力を否定する可能性が高いため、きちんとした証拠が必要になります。探偵に頼んで写真を撮ったりケガの診断書や日記等が有効な証拠になります。